インドの八百屋さん。

インドのチェンナイ(マドラス)で出会った八百屋さん。整然と並べられた野菜の山に埋もれている、一見すると銀行員風の彼はこの店の店主。流暢なOld Englishを話すその物腰の柔らかさと佇まいがもの凄く印象的だった。『どうやってそこから出るの?』と尋ねると、『野菜が売れるまで出れないんだよ。だからさ、何か買ってくれない?』と笑顔で冗談を言ってくれた彼。今もまだあの場所で野菜を並べているのかな。

コメントをどうぞ