2012年4月 のアーカイブ

石巻 1年と1ヶ月後 その3

2012年4月26日 木曜日

北上でお店のオープニングを手伝ったその日の夜、僕らは女川のホテルに向かった。そのホテルは津波の被害から逃れて、早いうちから営業を再開した場所でもある。1年前には考えられなかった事だけど、現地では今、慢性的な宿不足らしい。復興に携わる人達が(主に建築関係)長期で滞在する為に、ホテルや民宿を使っているからだ。尚美さんがこのホテルを捜してくれたので全員暖かい布団で寝る事が出来たけれど、でなければ車とテントに別れて11人で寝るところだった。4月の初旬とはいえ、東北はまだまだ寒い。昨年の4月に訪ねた時、雪の中にテントを立てて夜を明かした事を思いだす。その時は寒さで全く寝る事が出来なかった。そして、今回もほとんど寝る事が出来なかった。同室のカービーと戸田さんのイビキのせいで(笑)

次の朝、窓の外に見えたのは沢山の養殖筏だった。牡鹿半島だけで約20万個の養殖用のブイが流されたと漁師さんから聞いたけど、確実に前に進んでいる復興の兆しに、朝から少しホッと気持ちが穏やかになる。

女川から山を抜けて牡鹿半島に向かう道中にも、こんな素晴らしい景色が広がっていた。沖合では船が行き交い、朝日が寝不足の目にいっそう眩しく感じる。この景色を横目に一路、牡鹿半島の小渕浜漁港へ。

その4につづく。

にたけのこ

2012年4月22日 日曜日

20120422-013427.jpg

タケノコ

2012年4月19日 木曜日

20120419-123531.jpg

石巻 1年と1ヶ月後 その2

2012年4月18日 水曜日

WE ARE ONE MARKET オープン初日。開店は11時30分なので、皆で朝から準備です。

沢山の方々からの支援のお陰で、お店の商品以外はすべてフリードリンク&フリーフード!

いかなごくぎ煮ご飯。。。

荏胡麻豚のバーベキュー。。。

焼きソーセージ。。。

ハワイのドーナツ、マラサダ!

お兄ちゃんも。。。

妹ちゃんも(はい!笑って!と言ったらこの笑顔!)

大人も。。。

おばあちゃんも。。。(真ん中はおばあちゃんじゃありません(笑))

外も行列。。。

中も行列。。。

写真撮影プラスその場でプリント&フォトフレームプレゼント。

アンジェラのヨガ教室。

北上中学の野球部員のみんなもがんばって!

焼きたてのマラサダを、復興の為に朝から晩まで働くトラックの運転手さんに差し入れ。

沢山の笑顔。

お店の開店前から近隣の住民の皆さんが集まってくれて、沢山買い物をして笑顔で戻る姿を見た時には

さすがに涙が出そうになりました。これで少しでも普段の生活が楽になると良いなと心から思います。

本当に必要だったんですこのお店が。

お客さんの中には『このお祭りは今日だけなの?』なんて聞いてくる人が何人かいたけれど、『いやいや!ずっ

とオープンしてますよ!』と慌てたり(笑)マラサダを毎日食べたい!なんてリクエストがあったり、なんとも楽しい時間でした。

尚美さん、スタッフの皆さん。オープンおめでとうございます!これからも出来る限りの協力をしますので、何かありましたらい

つでも連絡下さいまし〜!バンコクからかっ飛んできますので!!

石巻 1年1ヶ月後 その3につづく。

石巻 1年1ヶ月後 その1

2012年4月17日 火曜日

石巻に行ってまいりました〜。去年の11月以来、5ヶ月ぶり?月日の流れは早いですね。

今回は友達がお店をオープンするのに伴い、総勢11名の友人が集まって炊き出しをやってきました。

友達のハワイのプロサーファー、カービー・フクナガ隊長が始めた東北復興支援『WE ARE ONE』も今回で6回目。まさかカービーもこんな事になろうとは思ってもみなかったでしょう。だって、『WE ARE ONE MARKET』という名のお店ができちゃったんだから(笑)

お店の場所は石巻の北上地区。ここは大きな津波の被害を受けた地域です。このお店の上にある仮設住宅には200以上の家族が暮らしています。それなのに!!生鮮食料品が買えるお店は、一番近いところで車で3〜40分。車の無い人はバスやタクシーでしか行く術がなく、不自由な暮らしを余儀なくされていました。そこで、自ら被災していながら地域の友人知人の為に立ち上がった尚美サン。地域の人達がより良い生活が戻るのを心から願って、方々を駆け巡り、仕事の合間を縫ってこのお店のオープンにこぎ着けたのです。オープン前に連絡が来て、このお店を僕らが行っていた復興支援にちなみ『WE  ARE ONE MARKET』という名前にしたいと申し出があった時にはビックリしたけれど、何かしなければ!と思ったのも事実。そこで、オープンの当日に炊き出しをやろう!という事になったのです。

お店の横には、地震にも津波にも堪えたお地蔵さま。前の道路はダンプカーがひっきりなしに往復をして、建築資材や土を運び出していました。

お地蔵さまにお線香を上げるカービー隊長。

翌日のオープンに向けてみんなで商品の準備をして、いざ!

つづく。。。