2012年1月 のアーカイブ

チーズケーキのレシピ。

2012年1月19日 木曜日

おはようございます。今日は前回のブログで書いたチーズケーキのレシピを載せておきます。簡単なので是非作ってみて下さい〜!混ぜて焼くだけです〜。美味しいです〜。という事で、材料です。

• レモンカード

レモン果汁 60cc (今回はライムを使用)

無塩バター 50g

砂糖 50g

卵(全卵) 1個

• ライムチーズケーキ

レモン 1個 (皮も使うので出来れば無農薬の物)

クリームチーズ 250g

生クリーム 100cc

グラニュー糖 60g

無塩バター 50g

ダイジェスティブビスケット 8〜10枚

焼き型は直径200mm 深さ35mm の一体型(出来れば底が抜ける型がベター)

まず最初にレモンカードを作っておきます。

すべての材料を常温にもどしてから、最初に卵をあらかじめ溶いておきます。お鍋にお湯を沸かして中火でコトコト。湯煎する為のボウルを用意して、バターを溶かし、その中にすべての材料をババッと入れちゃいましょう。

ゆっくり混ぜていると次第にとろみがかってくるので(カスタードクリームより柔らかめ。おおよそ10分〜15分撹拌)頃合いを見計らって中身をべつの容器に移してから(空き瓶にいれて冷蔵保存すれば2週間は持つそうです)余熱が取れるまで放置。

上の写真が出来上がり。僕は甘さ控えめが好きなので砂糖を40gでやりました。

さて、次はケーキのベース部分です。これは一番簡単。先程使った湯煎の鍋にまたまたボウル浸けて、バター50gを溶かしましょう。(色々なウェブサイトや本でレシピを見て、バターを溶かす時にレンジを使っても良いと書いてありました。が、うちにはレンジが無いので湯煎でやっております)バターを溶かしている間に、ジップロックバッグにビスケットを入れ、嫌いな人の顔を思い出しながら粉々に砕きましょう。少し形が残っていても大丈夫です。その方が歯ごたえが残って美味しいですよ。

砕いたビスケットに溶かしバターを加えます。

全体にまんべんなく混ぜてから型に押し固めてください。この時、ラップを使うとやりやすいです。

ハイ!ここまで出来たら、コレをこのまま冷蔵庫で冷やしておきます。小一時間で固まってくるでしょう。その間に肝心のチーズケーキ部分を作っちゃいましょう。はい、これも簡単です。材料を大きめのボウルにぶち込みましょう!あっ、失礼いたしました。材料をボウルに入れて優しくマゼマゼして下さい。(ハンドミキサーがあればベスト)うちにハンドミキサーなんてないので、手動で頑張ってやりました。。。うぅう早く食べたい。。。

レモンの果汁と皮をすり下ろした物も入れました。

滑らかになるまで混ぜて、冷やしておいた型に流し込みます。

最初に作っておいたレモンカードを上に載せ、全体的に広げます。

ここまできたらあと少し!あらかじめオーブンを180℃にしておいて、中段に置いちゃいます。

10分

20分

30分

40分

完成!!でもまだ食べちゃダメです。余熱を取り冷蔵庫で一晩寝かします。。。(涙)

ハイ!!つうことで、作るのは簡単ですが食べるまでちょいと時間がかかりました。でも、待った分美味しさも倍増です。

こんな簡単なら毎日作っちゃうな(ウソ)でも、これなら他の味にもアレンジ出来そうですね〜。皆さんも色々試してみて下さい。

ライムチーズケーキ

2012年1月16日 月曜日

20120116-185359.jpg

タイの北部で採れるライムを頂いたので、思い立ってチーズケーキ作ってみたらビックリ。意外に美味しくできたじゃーん!しかも、レモンカード(ライムカード)まで作って俺は一体何処へ向かっているのか… しかし、マジで美味いっすヨ(自画自賛)

インドの八百屋さん。

2012年1月12日 木曜日

インドのチェンナイ(マドラス)で出会った八百屋さん。整然と並べられた野菜の山に埋もれている、一見すると銀行員風の彼はこの店の店主。流暢なOld Englishを話すその物腰の柔らかさと佇まいがもの凄く印象的だった。『どうやってそこから出るの?』と尋ねると、『野菜が売れるまで出れないんだよ。だからさ、何か買ってくれない?』と笑顔で冗談を言ってくれた彼。今もまだあの場所で野菜を並べているのかな。

2012年1月11日 水曜日

20120111-145600.jpg

Lime from North

2012年1月10日 火曜日

20120110-173116.jpg